髪を広がらせないために!ストレートにするヘアドライのやり方は?

濡れた髪をドライヤーで乾かしたら、濡れている時にはストレートだったのに変にうねりやクセが出てしまって悩んでいるという方もいるのではないでしょうか。

 

髪を広がらせたりパサつかせずに、きれいなストレートに乾かす方法はないのでしょうか。

 

 

◆ストレートに乾かすための準備!

 

濡れた髪は、まずしっかりとタオルドライをしましょう。

 

びっしょり濡れた状態でドライヤーを使用すると、熱風を長時間髪に当てる必要があり、髪に良いとはいえません。

 

また、しっかりとタオルドライをするといってもゴシゴシこするのではなく、頭皮の水分をとるイメージでタオルドライを行い、毛先は軽くタオルで挟んで水気をとるくらいで構いません。

 

そのあと、できればヘアドライ前の洗い流さないトリートメント剤をつけるのがおすすめです。

 

髪に熱風を当てたときのダメージをおさえながらヘアドライをすることができて、乾かした後の手触りも良くきれいに乾かせることが多いです。

 

洗い流さないトリートメントには、ミストタイプ、ミルクタイプなどさまざまなものがあります。

 

リラックスしてヘアケアをするために、好みの香りのものをチョイスするのもいいですね!

 

配合成分などを見ながら、好みのトリートメント剤を選んでみてくださいね。

 

 

◆まとまりよく乾かすための方法!

 

いよいよドライヤーで乾かしていきますが、まずは前髪と髪全体の根元をメインに乾かしていきます。

 

特に目立つ前髪の根元は、ぬれた状態でクセがついてしまう前に乾かしたいところ。

 

ぴったりと分け目の癖がついてしまわないように指で分け目をくずしたり髪を左右に振り分けたりしながら、根元を中心にドライしていきます。

 

髪の根元がしっかりと乾くと、毛先のほうが湿っているような状態になると思います。

 

こうなったら、下を向いてドライヤーの風を上からあてるイメージで乾かしていきます。

 

時々、髪が広がるように前からドライヤーの風をあてている画像や映像を目にすることがありますが、そのようにすると髪が外にハネて広がりやすくなってしまいます。

 

まとまりのよい内巻き気味にするには、下を向いて上から風を当てることを意識してくださいね。

 

 

◆ストレートに乾かすためのコツ!

 

ストレートに乾かすためにはもうひとつコツがあります。

 

下を向いて上から風を当てて乾かすのは同じですが、髪を下に向けて引っ張るようにしながら乾かし、髪がまっすぐに乾くよう働きかけてあげるのがポイントです。

 

さらに、風は毛束と平行になるように当てるのもコツです。

 

少し乾かすのに時間がかかってしまうかもしれませんが、つやのあるストレートに乾かすことができます!

 

ぜひ試してみてくださいね。